COLLECTION 所蔵品の紹介

EXHIBITION 展示情報

NEWS お知らせ

2016/05/31「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」好評開催中!
2016/03/28「鍔のせかい展」開催
2016/03/07「ヱヴァンゲリヲン と 日本刀展」開催

More

COLLECTION 所蔵品の紹介

日本の優れた伝統文化・芸術品、そしてその伝統文化が育んできた豊かな精神性を伝える
岩国美術館のコレクションを3つのカテゴリに分けてご紹介。

More

CULTURE&SPIRIT 伝統文化&精神

岩国美術館で展示している芸術品には、武士の伝統文化とその精神が受け継がれています。
その内容を詳しく解説します。

More

ABOUT 岩国美術館について

(写真)

岩国美術館

岩国美術館は、日本の優れた伝統文化・芸術品、そしてその伝統文化が育んできた 豊かな精神性を、皆様にお伝えするために誕生しました。
 このサイトでは、岩国美術館の所蔵品を、戦国時代から幕末までの武士たちが持っていた武具類を「生死の文化」としてお伝えしています。それは、男たちがつねに生死の分かれ道にありながら、自身を絢爛と荘厳し、また、他者の生命をも尊厳するという、魂を込めた芸術品です。
 また、武家の生活を彩ってきたさまざまな文化を「生活の文化」として紹介しています。女性的な色彩にあふれた芸術品からは、当時の女性の深い精神性を読み解くことも可能でしょう。さらに、「特別展示品」としては、四季折々に武家の生活を彩ってきた芸術品、そして岩国美術館以外には 見ることができない所蔵品をご紹介しています。このホームページによって、日本伝統文化の素晴らしい精神の 息吹に触れることができましたら幸いです。

ごあいさつ

お問い合わせ:info@iwakuni-art-museum.org

GUIDE ご利用案内

開館時間9:00〜17:00 ※12月から2月は16時閉館
休館日木曜日(祝日の場合は翌日)
料金
大人800円(640円)
高・大学生500円(400円)
小・中学生200円(160円)

※(  )内は団体(15名以上)料金

※ 障がい者手帳を提示された方は入場料を2割引

※特別展中は料金が異なる場合があります。

(写真)ナレーター:いとうあいこ

音声ガイドサービス開始

テレビや映画、舞台など幅広く活躍されていたいとうあいこさんのナレーションは、時に優しく、時に凛として語られ、聞く人を戦国の世へと誘います。音声ガイドとともに数々の名品をお楽しみください。 いとうあいこさんからメッセージが届いておりますので、ご紹介します。

メッセージ

音楽担当:Infinix(インフィニックス)
ここち良い音のひとつひとつが、体のすみずみまで響き渡る独特なサウンド。 和楽器や民族楽器をフィーチャーし、さまざまな表情を見せる曲の数々。オリエンタルなメロディーと、壮大なサウンドが注目され、TBSテレビ放送50周年特別企画ドラマ「里見八犬伝」や、NHKスペシャル「同時3点ドキュメント」など、数多くの映像音楽も担当。
【Infinix オフィシャルウェブサイト】
http://www.sens-company.com/jp/text/infinix.html

※InfinixのCDを一部館内にてお取り扱いしております。ご用命は係員まで お申し付けください

ACCESS 交通案内

大きな地図で見る

バスJR新岩国駅から10分
JR岩国駅から15分
自動車山陽自動車道
岩国インターチェンジから8分。
所在地〒741-0081
山口県岩国市横山2丁目10-27
TEL0827-41-0506
開館時間9:00〜17:00 ※12月から2月は16時閉館
休館日木曜日(祝日の場合は翌日)
料金
大人800円(640円)
高・大学生500円(400円)
小・中学生200円(160円)

※(  )内は団体(15名以上)料金

※ 障がい者手帳を提示された方は入場料を2割引

※特別展中は料金が異なる場合があります。

ごあいさつ

日本の文化と心の伝承を願って

平成16年3月、3年に及んだ錦帯橋の架け替え工事が無事に終了しました。
岩国市のシンボルである錦帯橋が生まれ変わったのは、実に半世紀ぶりのこと。
岩国に生まれ育った私にとっては、 本当に感慨深い出来事となりました。
これを機に当館も錦帯橋にふさわしい美術館であるべく、お色直しを行い、名称も旧岩国歴史美術館から岩国美術館に改め、リニューアルオープンの運びとなりました。

当館に展示される作品は、旧岩国歴史美術館の所蔵品をはじめ、骨董を趣味にしていた両親の影響を受け継ぐ形で私がコレクションしたものですが、岩国美術館の運営に当たっては、母・鈴子の多大なる 尽力をもらい、感謝の気持ちを何らかの形で表したいと思っておりました。
ある時、裏千家の16代家元 坐忘斎様にこのお話をしたところ、母の名前にまつわる「鈴」の絵が描かれた軸を頂戴できることになりました。そうして新生岩国美術館の御紋とも言えるロゴマークは、この「鈴」の絵に決定しました。
さて、芸術や文化はすべての人間に与えられた「財産」であると、私はいつも考えています。 ですから国の重要文化財に指定を受けた展示品はもちろん、私的なコレクションも公開しています。 これが私を育ててくれた故郷岩国への、そして社会への一つの恩返しだと思っています。
ぜひ、一人でも 多くの方にご来館いただき、世界に誇れる「日本の文化」と「日本の心」を感じていただけることを 心より願っています。

公益財団法人 岩国美術館 理事長 柏原伸二

メッセージ

見上げれば岩国城、目の前には錦帯橋と大自然という最高の場所に佇む岩国美術館。今回こちらの音声ガイドのナレーションを担当させていただき、大変光栄に思っています。
岩国美術館では、特に戦国時代の品々を所有しています。兜や屏風など、大変貴重な品々が惜しげもなく展示されていて、その迫力は圧巻です。
織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などに代表される戦国時代の人物やたくさんの用語。戦国時代が大好きな私にとって、胸高まるキーワードが詰まったナレーション原稿。収録当日は「織田信長」「絢爛豪華」「安土桃山」という言葉を使うたびに大興奮しました。おかげで仕事とはいえ、とても楽しい時間が過ごせました。
この音声ガイドではその他の作品に関しても一歩踏み込んだ説明をお聞きいただけます。岩国美術館の鑑賞があなたにとってより充実したものになりますように。

いとうあいこ